FC2 Blog Ranking 私とソラ 2008年04月
FC2ブログ


私とソラ



プロフィール


aoiaki

Author:aoiaki
葵秋の「私とソラ」へ、ようこそ。
つまらないものですが、どうぞ見て行ってくださいね^^
前の記事でもコメントお待ちしております^-^



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

友達申請フォーム


この人と友達になる



2008.04.30   <<21:25


「幸せとは何だと思いますか??
あなたにとっての幸せとはなんですか??」

いきなりこんなこと言われて

あなたも、私も答えることは出来ないんじゃないかな??

幸せも、

日々変わっていくもののように

思えるから・・・

あなたは、なんと答えるかな・・・?

私は、あなたの答えを聞いてみたいな・・・


でも、その前に私から

一つ質問・・・


あなたは今、幸せですか??
スポンサーサイト





No.94 / 未分類 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.23   <<21:05


桜の季節も終わり

緑の葉と桜のピンクが交じり合う

キレイな桜一色はもう終わり

力強さ

未来への希望を

感じられる

緑の葉

入学式も終わり

クラスにも馴染みだし

やっとこれからという時

私は

慌しくすごしていた

桜の木を見ると

落ち着いた


息を吸って

あなたに微笑んだ


そして

あなたが歩いていった道に

背を向けて

未来に向かって




走り出した


+++++++++++++
こんばんは^^
みなさん、いつも訪問・コメントありがとうございます。
この頃、学校・習い事共に忙しくなり始め、パソコンが復活したものの
時間が無い状態です。
ということで、更新があまり出来なくなると思います。
なので、コメントの返信も・・・難しいかとは思いますが、気長に待ってもらえたら、、、、
と思います^^;;
こんな感じですが、これからも、ちょっくら立ち寄ってもらえると嬉しいです*^^*
よろしくお願いします^^;;

No.93 / 未分類 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.20   <<23:43


一枚の紙の上には

たくさんの文字が書いてあった

そして、

その上に

たくさんの消しゴムのカスと

ぼろぼろになった消しゴムと

使い古されたシャーペンが

置いてあった






消してしまいたい過去があっても

逃げてはだめだと言うように・・・・




++++++++++++++++
パソコンがやっと直りました。
自力で直らず、業者に問い合わせをし。。。。と
少なからず私も頑張りました^^;;
ということで、多分大丈夫だと思います。

今までの、コメントのお返事はゆっくりにはなると思いますが、
ちゃんとしていくつもりです。
今まで、コメント・訪問してくださった方ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。。。

No.92 / 未分類 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.15   <<19:18


サラサラと流れ落ち
どんどん積もっていく

流れ落ちる時間は一瞬だけど

宝物のように輝いて
流れ落ちていく…

一日を精一杯過ごせた??

楽しかった??

幸せだった??

と言わんばかりに……

No.91 / 未分類 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.15   <<17:56


みんなと喋ってね

みんなとご飯食べてね

みんなとけいどろしてね

みんなと…

今日は沢山遊んだんだ^^…

私は今日の事を

全部君に話した

君も笑ってくれた

でも

君の笑顔は

いつものように輝いていなかったんだ…

だから聞いたんだ

大丈夫?って…

でも君は苦笑いして

大丈夫だよ…って言ったんだ…




その時

君は何を考えていたのかな…?

君にとって

楽しい時間だったかな…?


No.90 / 未分類 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.12   <<16:42


この頃、パソコンの調子が悪く、皆さんのコメントのお返事が出来ず、すみません・・・
自力で直していこうと思っているのでよろしくお願いします^^
コメントは、遅くなると思いますが、よろしくおねがいします。
                                    葵秋

No.89 / 未分類 / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.12   <<14:25


もう一人になるなんて

いやだから

君たちの

笑顔を

隣で見ていたいから
私だけ見れないなんて

そんな思いしたくないから

頑張るよv

口だけじゃなくて

気持ちも一緒に

言葉にのせて


No.88 / 未分類 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.10   <<18:47


あなたは

いつも私の前にいるよね

そんな時

私はあなたを羨ましく思うし

憎くも思う

こんな気持ちがあるのは

私が努力していないからだと

分かっていても

でも

そんな気持ち

あなたに向けたくなかった

そんな気持ちで

あなたを遠ざけようとする私も嫌い

だから

こんな気持ち

なくせばいい

なら

私が頑張ればいい

あなたと同じ位…あなた以上に…

その後に

あなたと

対等に

あなたを真正面から
見つめられた時は

あなたと

手を繋いで

心から笑うから^^

そして

こう言うんだ



ありがとう


って…

No.87 / 未分類 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.08   <<00:38


私はもう

後悔も

苦しむことも

悲しくなることも

したくないから

どこまでも

逃げ続ける

心の中で・・・

No.86 / 未分類 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.08   <<00:37


ねえねえ

あそこ見て!!

わー!!

私達は窓に向かって

走った

「きれい!!きれいだよ!!桜・・・」

「ほんとだね^^」

私は

皆の笑顔を

久しぶりに見た

桜が

皆の笑顔を作ったんだね^^

ありがとう

これからも

人の心を

キラキラに

そして

いつまでも

人の心を

包める唯一の



であってね^^

No.85 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.06   <<02:14


今日は三日月

三日月は

闇の中

輝いている

いつもの強さで

いつもの優しさで

私を包んでくれる





一つしか存在しない

太陽と月

表と裏の存在

でも

二つとも

表だと

私は思うよ

だって

どこまでも

輝き続けて

人を包んでくれることには

変わりはないだろう??

No.84 / 未分類 / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.06   <<02:07


君とのめーるは

とても楽しくて

君の事を

たくさん知れる

唯一の時間で

私にとって

ご褒美で

私にとって

甘いsweetのような

青春☆



++++++

びっくりです!!自分がこんなの書くなんて・・・

いつも、みなさんコメント&訪問ありがとうございます^^v
これからも、この馬鹿をよろしくお願いします(*^^*)

No.83 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.05   <<15:33


さあ

空を見上げて

手を出して

上を指して

ピースしてみて???



そしたら

気分がすっきり

するからさ

ソラと

私のピース



これこそまさに

「私とソラ」

No.82 / 未分類 / Comment*1 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.05   <<15:24


夜は怖い

でも

あなたが居れば

私は

何処にでもいける

付いていく

どんなに怖いところも

あなたが居れば

私にとって

「光」になるの

「怖いところ」じゃなくなるの

だから

あなたは

そこにいて

そしたら私は

あなたを追いかけて

何処までも行くよ

そしていつか

見つけてあげるよ

その後は

あなたが私の光に

なってくれた代わりに

私は

あなたの光に

なるからね

だからもう

暗いところに

逃げないで

私が

救うから



No.81 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.03   <<17:15


いつも歩く並木道

冬は丸裸だった木々も

季節は春になり

いつのまにか

沢山の花を咲かせていた

そんな桜は

風に揺れ

花びらはヒラヒラと舞い

私の掌に乗り

安心したように

眠りに着いた

「また今度、この並木道で会おうね^^
その時は、、、

笑顔でね♪」

と言い残して

私の

くしゃくしゃになっていた顔から

一粒の涙が

流れ始めた

No.80 / 未分類 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.02   <<18:10


電車の外を見てみると

そこには

とても赤い

夕日があった

私の心は決まっていた

だけど

夕日は

川の水面に映り

水面は 夕日は

揺れていた

まるで


私の心を

写し出したかのように.....


No.79 / 未分類 / Comment*6 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.01   <<10:25


桜のように

散っていく毎日

どんなに追い求めても

帰ってくる日々など

一日も無く

ただただ日々は

過ぎ去り

何時の日か

過去になり

私は未来へと

走り出した

No.78 / 未分類 / Comment*5 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.01   <<09:55


終業式の日

最初で最後の写真

今までクラスの皆と写真を撮ったのが

あんまり無くて

自分がクラスのみんなと写っている

写真

四角い紙の中で

笑っている私達

学校の制服を着て

みんなと笑ってる私

私はここまで笑っていたのだろうか...?

私はこの学校にいて

この制服を着て

こんなに笑顔で笑っている自分

今見れば

とても不思議に思える

光景だった

なぜ私はここまで笑っているの...?


+++++++++++
ここで終わらないと、いけないような気がした;;
これ以上続けるのが困難だったので;;


いつも、コメントありがとうございます。
お返事は、絶対しようと思っていますので、遅くなった場合はすみません^^;;

No.77 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home